二重まぶたをアイプチか美容整形手術の方法で、自然な二重まぶたを作りましょう

二重手術の目頭切開は、二重まぶたをよりパッチリした美容整形手術です

目頭切開

目頭切開は、目頭の方にいくに従って、二重部分がまぶたの中に入り込みスッキリしない、また、小さい目を大きくパッチリさせたいという方に最適です。目頭切開は目の横幅を大きくして、切れ長の大きな瞳に改善します。平行型の二重に憧れている貴方にもおすすめ致します。

目頭切開が必要な人

日本人のまぶたの特徴は、一重の方が多いことと、モウコ(蒙古)ヒダが張っている方が多いことが挙げられます。この目頭切開の施術は、目頭のヒダをわずか数ミリ切除するだけです。とても明るく、印象的な目が実現します。

目頭切開が蒙古ひだに

蒙古ひだは、蒙古人種(モンゴリアン)の特徴でもあります。これは、目頭の所に上瞼の皮膚が被さっているものです。白色人種と違い、目頭の赤いところは見えませんが、この蒙古ひだによって目が小さく見えたり、目が離れていて間延びした印象を与えます。

このような時には、蒙古ひだを切り取る、内眼角切開法(目頭切開)という手術が適応となります。目頭切開の結果、目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。

目頭切開の手術の注意点

目頭切開を受ける時の注意点は、蒙古ひだの辺りは、傷跡が赤く残りやすい所なので、その点を考慮することが大切です。 二重まぶたの手術と合わせて行えば、目頭切開はより効果的に美しい目元を作ることができます。

目頭切開で好印象

目頭切開が生まれ変わったような印象を与えることもあります。 ちょっと、 目頭切開と聞くと、怖いと思う人もいるでしょうけれど、 二重まぶたを安心して任せられる医者が、このサイトの出ている人達です。

このページのトップに戻る
|二重まぶたとアイプチのトップ |二重まぶた・切開法 |二重まぶた・埋没法 |二重まぶた・埋没法 SMK法 |二重まぶた・埋没法+脱脂 MS法 |目頭切開 |二重術スーパークイック法 |眼瞼下垂 |手術の不安 |術後について |二重にしたい |二重再手術 |目を大きく |腫れぼったい目 |二重手術のクリニック |アイプチ |
Copyright 2006 二重手術の目頭切開は、二重まぶたをよりパッチリした美容整形手術です All rights reserved.
二重まぶたをアイプチでしましょうか。それとも二重まぶたは埋没法のプチ整形か、切開法で本格的に作りますか?