二重まぶたをアイプチか美容整形手術の方法で、自然な二重まぶたを作りましょう

二重手術の埋没法 SMK法は、二重まぶたのよりよい美容整形手術です

埋没法 SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法)

埋没法 SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法)は 切らずにできるプチ整形として、二重の手術の中では最も代表的な手術の1つです。

埋没法 SMK法の特長

二重まぶたが元に戻らないさまざまな工夫をしています。埋没法SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法)は、戻りにくく、かつ腫れが少ないことが特徴です。

埋没法(クイック法)という手軽な手術は、3年以内に戻ってしまう確率が35%程度という報告があります。高率で戻る方が多く、再手術を受けられる方も少なくありません。

そこで、この欠点を改善するために考案されたのが、SMK法(スクエア・マルチプル・ノット)法です。特徴は、固定力が強く、行われている埋没法に比べ、一重に戻る確率が格段に低いということです。

脂肪が多い、皮膚が厚いなどの理由で二重になりにくい方、平行型で広めの二重を希望される方には、固定点数を増やしていくことで適応の範囲を広げています。

埋没法 SMK法の手術後の腫れは?

腫れはどうでしょうか。
麻酔薬の組成の工夫や、冷やしながらしかも丁寧に行うことで一般埋没法と比較にならないほど腫れが少ないのが特徴です。

ラインが、狭い二重の場合は、腫れは少なく目立ちません。二重を希望された場合には、固定点数も多くなり強く留めなければならないので、多少腫れが長引く傾向があります。

腫れのピークは朝で、当初はご自身が希望したラインよりも幅広に感じられます。あなたの希望の二重がSMK法でドクターの診断を受けてみられてはでしょうか。

このページのトップに戻る
|二重まぶたとアイプチのトップ |二重まぶた・切開法 |二重まぶた・埋没法 |二重まぶた・埋没法 SMK法 |二重まぶた・埋没法+脱脂 MS法 |目頭切開 |二重術スーパークイック法 |眼瞼下垂 |手術の不安 |術後について |二重にしたい |二重再手術 |目を大きく |腫れぼったい目 |二重手術のクリニック |アイプチ |
Copyright 2006 二重手術の埋没法 SMK法は、二重まぶたのよりよい美容整形手術です All rights reserved.
二重まぶたをアイプチでしましょうか。それとも二重まぶたは埋没法のプチ整形か、切開法で本格的に作りますか?