二重まぶたをアイプチか美容整形手術の方法で、自然な二重まぶたを作りましょう

二重まぶた:二重手術が美容整形で一番の人気です

二重まぶたがダントツです

施術で人気ランキングやはりダントツなのは二重

二重まぶたが1位

施術で人気ランキングやはりダントツなのは二重です。
目頭切開で蒙古ヒダを取り除き、小さな目を大きくする手術も人気で、幼い印象やはなれ目を改善することができます。

3位にランクインの目のまわりのたるみ取りや、目じりのしわ を取るのは、印象を払拭するのに有効。

目の整形が大事

施術は変わりますが、整った目を実現する美容整形は、年齢に関わらず女性に注目度は高いでしょう。表情があなたの美しさを作る目は口ほどに語るという表現がありますが、パーツの中でも役割を占めていると言えます。

コスメ雑誌で頻繁に“目ヂカラ”や“パッチリ美人目”などと表現されることからも分かるように、最近では、ハッキリした二重が好まれる傾向にあります。

二重手術は埋没法が人気

二重 手術は人気が高く、一般的には髪の毛よりも細い特殊な糸をまぶたに埋め込む「埋没法」が用いられることが多いようです。年とともにまぶたがたるんできたり、下にクマができたり色素が沈着したり、目尻に笑いじわができるなどの理由で老け顔に見え、悩む女性も多くいます。

印象は目元に起因していると言え、明るい表情づくりに目瞼下垂治療などの施術法が用意されています。

一重まぶたと二重まぶた

みなさんの目には「まぶた」があります。閉じることによって、目を外傷や乾燥などから守ったり、強い光、ゴミ、その他の異物が目に入ることを防ぐなどの役割があります。

どうして一重と二重が?

「一重まぶた」と「二重まぶた」になるの?

その理由はいろいろあるようですが、その一つにまぶたの下の脂肪があります。まぶたの下の脂肪が多く、まぶたがふっくらとしているため一重になり、一方で「二重まぶた」はまぶたの下の脂肪が少ないため、まぶたにたるみができて重になるようです。

世界的に見れば「二重まぶた」の人が圧倒的に多く、「一重まぶた」は北東アジア地域(モンゴル、中国、日本など)の人々に多く見られるそうです。

二重まぶたに自然になる?

しかし一生続くわけではない。「一重まぶた」や「二重まぶた」は必ずしも産まれてからずっと同じというわけではないようです。

まぶたの下の脂肪が減ったり、年を重ねて皮膚のたるみができて「一重まぶた」から「二重まぶた」になる場合もあるようです。

このページのトップに戻る
|二重まぶたとアイプチのトップ |二重まぶた・切開法 |二重まぶた・埋没法 |二重まぶた・埋没法 SMK法 |二重まぶた・埋没法+脱脂 MS法 |目頭切開 |二重術スーパークイック法 |眼瞼下垂 |手術の不安 |術後について |二重にしたい |二重再手術 |目を大きく |腫れぼったい目 |二重手術のクリニック |アイプチ |
Copyright 2006 二重まぶた:二重手術が美容整形で一番の人気です All rights reserved.
二重まぶたをアイプチでしましょうか。それとも二重まぶたは埋没法のプチ整形か、切開法で本格的に作りますか?